どこで活躍するかは自分次第

IT業界にはさまざまな業種がありますが、その中でもシステムエンジニアは多様な分野で活躍ができる重要な役割を持っている職種の一つです。

比較的多い働き方とされているのがシステム開発での勤務になります。このシステム開発は通称SIerと呼ばれる元受けの企業をトップに、複数の企業の協力によって行われるのが一般的です。

開発内容によって作業工程は異なりますが、この分野では自身の専門性やスキルを高めていくことができます。ここでの勤務は能力による個人差があるとはいえ、若い世代でも平均年収400万円前後と高収入なのが特徴です。

システムエンジニアは一般の企業で社内SEと呼ばれる形で働くこともできます。ここでの役割は、主に社内で使用されているメールサーバーやWebサイトの保守運用、社員からのITに関わる疑問や相談に答えるヘルプデスクといったものです。

しかし、社内SEは企業によってはそれほど重要視していないケースも少なくありません。そのため、システム開発に比べて収入面であまり多くは期待できないのが現状と言えます。

そのほかにも、時代の移り変わりの中で選択する人が増えてきているのがフリーランスです。こちらはその名の通り、特定の企業に属さずに個人で仕事を受注していく働き方になります。

フリーランスは自分のペースで仕事ができるのでスケジュールのやり繰りがしやすい点が最大のメリットです。とはいえ、フリーランスはエンジニアとしての能力はもちろんのこと、仕事を受注するための営業力も必要になります。しかし、自身で報酬についての交渉もできるため経験やスキルによっては高収入を得ることも可能です。