綿密なキャリアパスが重要

システムエンジニアとして働いて収入を上げたいとこだわる人は、綿密に計画を立てて自分のキャリアパスを構築できるように努力することが大事です。

収入を極めて高くしたいと考えたら、方法として昇進、独立、起業のどれかを目指すのが標準的な考え方でしょう。成功すれば1000万円以上の年収を期待できる場合もあり、魅力的な方法です。

昇進をする場合にはプロジェクトリーダー程度ではそれほど収入が上がりませんが、プロジェクトマネージャークラスになると飛躍的に収入が上がります。

管理系の職種の中でも上位のものを目指すのが必須であり、ただ現場で使えるスキルを身につけるだけでなく、人徳やマネジメントスキルも磨かなければなりません。抜擢されるためには頭角を現す必要があるため、同世代のエンジニアよりも秀でた姿を見せられる職場を選ぶことも重要になります。

一方、独立してフリーエンジニアになる場合には戦力となるスキルが重要です。その価値の高さによって評価が大きく左右され、与えられる報酬に違いが生じます。

着実に時代に沿って必要なスキルを身につけ、可能な限り多くの仕事を請け負ってこなしていくのが収入を上げるためには必須です。

そして、ベンチャー企業の経営者となるのは成功すれば数千万円クラスで稼げる魅力的な方法ではあるものの、大成功を遂げるにはアイディアが良くなければなりません。現場で働きながらお金になりそうなアイディアを捻出するのが最も重要です。