3つのスキルを使いこなせ

システムエンジニアの働き方で特に必要となるスキルは「コミュニケーション」「マネジメント」「IT技術」です。この3つのスキルを駆使して仕事をしていきます。

システムエンジニアの仕事の目的はシステムを構築し、導入することです。それらを、要件定義やシステム設計、開発・テスト、導入という一連の工程の中で行っていきます。

要件定義・システム設計ではクライアント様とコミュニケーションを図って、要望などを聞きつつ仕様を決めていく必要があります。

また、クライアント様に新しく導入するシステムについて説明したり、社外のエンジニアにも仕事を委託したりすることがあるため、情報をきちんと伝える能力が必要になるでしょう。そのため、コミュニケーションスキルは重要です。

また、一連の工程において、作業に問題はないか、スケジュール通りに進んでいるのかといった工程管理や、費用面の管理、プログラマーなどの開発人員の管理など様々なことを細かくマネジメントしていく必要があります。そのため、マネジメントスキルも備えておきたいところです。

さらに、実際の開発は社外のエンジニアに任せることが多いですが、システムを設計し、社外のエンジニアと対等にコミュニケーションをとっていくためには、IT技術もある程度必要になります。

エンジニアというとIT技術だけに詳しければ良いように思われがちですが、システムエンジニアは技術に加え様々なスキルが必要になります。現場で重宝されるシステムエンジニアを目指すなら、◆システムエンジニアとして活躍するには?◆をチェックしてみましょう。